• NFAC

当たり前になることの大切さ

昨日は「春分の日」でしたね。桜のつぼみがほころび、桜の花がもう咲きそうで、一気に春に近付いてきましたね!


今できることを自分で考え行動し、自分自身の成長のために一日一日を無駄にせずに大切に過ごしましょう!


昨日は午後、公園にサッカー少年4人が集まってボールを蹴っていて、さらにサッカー少年2人、その後に中学生・大学生が増え、サッカーを楽しんでいました。


サッカー選手のプレー映像見たよとか、サッカーの新しいルール勉強したよ、って話をしてくれました。


「毎日ボール蹴るのは当たり前やん!だって上手くなりたいし、サッカー大好きやもん!!」って言う子が居ました。

この「当たり前」って言葉が出てくるということは、毎日サッカー中心に生活してる証拠で、信念を持ち、自分で考え決断し行動できてますね!


一緒にボールを蹴って、一つ一つのプレーを見てると、成長してるのを身を持って感じることができます。

レシーブ・キック・ターン・競り合いでの体のぶつけ方、1対1の攻防、声…どの部分もしっかり身に付いていて自然にできています。

ちゃんと自分のプレーをイメージしながら自主練してるのがわかりますし、「常に試合のプレーをイメージして…」って監督・コーチからずっと言われていることを、自ら考え、理解しようとして、行動できています。

これを「当たり前」にできるということが本当に大事なことです!


今の休校期間・活動中止期間は、自分で考え決断し行動しないと、「ボールを蹴る場所・サッカーができる環境」がない状況なので、今が上手くなれるチャンスですし、人間性も伸ばせる一番のチャンスですよ!!


一日の時間の長さは全員同じなので、24時間の使い方をもう一度見直し、一日一日を大切にしてもらいたいと思います。


何度も言いますが…、

今こそが自ら成長できる、本当のチャンスですよ!!


もっともっと自分自身と向き合って、自分で考え決断し、行動していきましょう!

そしてどんどんチャレンジしましょう!!




42回の閲覧
logo01透明.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
logo02透明.png

© 2014 Nagahama Football & Athletic Club