• NFAC

7/12(日)ジュニア練習

今日のジュニア練習は、5年生の子が一人体験で参加してくれて、Jrユース2人も参加してくれました。


一人はテスト前ですが参加してくれて、日頃から時間の使い方を工夫しコツコツ勉強しているので、サッカー以外の部分でもお手本になれる選手です。

低学年の選手達に丁寧にレシーブやキックを教えてくれている姿を見て本当に頼もしく思います。


LSDでは低学年でもいい姿勢、いい動作をしている選手が増えてきたので、見本にしてコツコツ取りもどんどん身に付けていって欲しいと思います。


ボールコントロール、レシーブ・キックの練習では、いい感覚でボールを触り、スピンの利いたボールを蹴れていて、低学年の新しい選手も真っ直ぐ蹴れるようになってきました。


低学年は1対1の練習で体をしっかりぶつけれていたので、ボールを奪う感覚をどんどん身に付けていきましょう。


3,4年生は高学年と一緒にシュート練習をしましたが、どういう角度でボールを受け、どうシュートを打つのかを大切にして、一つ一つの動作を高めていきましょう。


ゲームでは、低学年にポジション・番号の役割を河端監督から話があり、ゲームの中で徐々にポジショニングが良くなった選手がいました。

これからさらに味方とのコンビネーションプレー・スペースを見つけてプレーを学んでいきましょう。


高学年はゲームの中でのポジショニング・ワンタッチでののプレーの話が河端監督からあり、いいスピンの利いたキック、ボールを奪う部分は良かったので、クロスオーバーでの攻撃・逆サイドの選手のムービング・奪われた瞬間の局面でのプレーをもっと高めていきましょう。



0回の閲覧
logo01透明.png
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
logo02透明.png

© 2014 Nagahama Football & Athletic Club